ホワイトペーパー

IDC が警告するマルチクラウド増によるサイロ化リスク、有力な解決策はデータクラウド活用

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2022-06-29

IDC の市場調査では、2021 年第 4 四半期にはすでに 46% のデータがパブリッククラウドで処理されている。2024 年までに、データの 80% 以上をパブリック クラウドに置く企業の割合が倍増すると予測されているが、課題もある。44% の組織がクラウドとオンプレミスを併用し、そのうち 49% がマルチクラウド環境を構築しているため、オンプレミス単位、各パブリック クラウド単位といった形で、データがサイロ化する。サイロ間にまたがるデータを統合できないため、最新のインサイトを共有できない。状況打破の施策として、Google Cloud のデータクラウドのような仕組みの導入を挙げる。

本資料では、IDC が自社による調査結果を踏まえた上で、PayPal や Australia Post など課題を解決した責任者の声を紹介する。データクラウド導入によるビジネス成果への影響を詳細な項目に分けて解説し、さらにエグゼクティブを対象にデータ利用に関して提言している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]