ホワイトペーパー

生成 AI の真価を引き出すアプリケーション戦略--ユースケースから導くアプローチ

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2024-07-03

2022 年の終盤に OpenAI が大規模言語モデル(LLM)による ChatGPT を一般公開してから、 Google や Meta などの大手企業が次々と市場に参入し、生成 AI が世界的なキーワードになった。一方で、生成 AI の利点を享受できる企業はまだ一握りであることも実情だ。
本資料は、調査会社の ITR がさまざまなリサーチから「生成 AI に対する国内企業の期待の高まりを示す動向」と「生成 AI の価値を引き出すために不可欠となるアプリケーション戦略」に焦点をあてて解説している。海外ベンダーだけでなく、国内ベンダーが開始した生成 AI の商用サービスにも言及した上で、市場競争のポイントを挙げる。特に、チャットボット、コード生成、営業、マーケティング、サプライチェーンなど生成 AI の代表的なユースケースを挙げながら、導入を成功させるための要点をわかりやすくまとめている。今後、利用を検討する企業にとって大変参考になる情報となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]