ホワイトペーパー

今の対策で本当に大丈夫?セキュリティのプロによる擬似攻撃で対策の抜け漏れをチェック!

標的型攻撃対策評価サービス(株式会社日立ソリューションズ) 2017年09月27日

昨今、標的型攻撃はやり取り型や水飲み場型などますます多様化しており、被害が後を絶ちません。原因の1つとして、ランサムウェアなどのマルウェアが入口対策を突破して侵入し、内部で密かに活動していることを検知できず、情報流出などの実害が発覚するまで攻撃に気付かないままでいることが挙げられます。脅威に対し、現状の対策を可視化し、技術的に対峙できるかの把握が必要不可欠となっています。

本資料では、セキュリティのプロが擬似的なマルウェアを用いて攻撃を行うことで、お客様ネットワークのセキュリティ対策が標的型攻撃に対してどの程度対応できるのかを診断し、セキュリティの強化を実現するサービスをご紹介しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)