編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

セキュアなwebアクセスの実現に向けた、最適な「インターネット分離」環境の検討方法

マクニカネットワークス株式会社/株式会社シマンテック 2019-02-20

様々なマルウェアが世界的に猛威を振るうなか、企業には既存のセキュリティ対策の見直しが迫られており、その答えとして「インターネット分離」が注目を集めている。従来は複数台端末を用意し物理的に分離を実施していたが、近年では論理的な手法でインターネット分離を実現する手法が一般的となりつつある。
論理的な手法の中には「アプリケーション仮想化」や「仮想ブラウザ」、そして既存ブラウザからリクエストされる全ての通信を無害化したうえで画面情報が閲覧できる仕組みの「Web Isolation」の3つの手法がある。このうち最適な選択肢となるのが、エージェントレスで低コストでの導入が見込める「Web Isolation」だ。
本資料では、「Web Isolation」の仕組みと優位性、そしてその導入によりいかにセキュアで利便性のある環境が構築できるかを解説している。インターネット分離における利用者・運用者の課題を踏まえた最適解として、ぜひ参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]