ホワイトペーパー

ITRレポート 「ビジネスに貢献するIT」実現のためのクラウド選定指針

日本オラクル株式会社(Cloud) 2017年12月27日

多くの国内企業経営者は、現状の自社システムに満足しておらず、自社ビジネスに対する貢献度をあげるよう望んでいる。国内企業の多くが、企業ITのビジネス貢献度をあげるためには「IT基盤再構築」が重要と考えており、その解決策としてクラウド(IaaS、PaaSなど)を検討している。

クラウドの選定に当たっては、現時点での自社要件に対する充足度で評価すべきではなく、そのようなアプローチを採用した場合、将来にわたって自社にとって最適なパートナーを見いだせる可能性は低い。クラウド事業者の特性を読み取って、自社のビジネスモデルやビジネス戦略に対して、相性の良いクラウド事業者を選定すること
が望ましい。

経営者は、大きな初期投資と運用コストが必要なIT基盤に対して、長期間活用することを求めている。IT基盤再構築にあたっては、戦略的かつ中長期的観点で検討を行い、長期にわたって信頼関係を構築できるクラウド事業者を選択すべきである。

本レポートでは、ビジネス貢献のためのクラウド選定指針と、国内企業が求める最終的なクラウド形態を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)