ホワイトペーパー

リプレース編:オンプレミスからのクラウド移行 検討すべき7つのポイントとは?

日本オラクル株式会社(Cloud) 2017-12-27

システムの導入や運用にかかるコストの削減をはじめ、アプリケーション開発、立ち上げの迅速化、システム拡張の柔軟性など、さまざまな理由から多くの企業・組織においてパブリック/プライベートクラウドの活用が推進されている。近年では、情報系システムのみならず、ミッションクリティカルなシステムについてもクラウド化している事例も当たり前になりつつある。

だが、長年、オンプレミスで運用してきた既存システムをクラウドに移行するにあたっては、ビジネスに影響を与えないよう、綿密な計画を立案するとともに、ステップを踏みながら着実に実施していくことが必要となる。そして、検討にあたっては、「クラウドへの移行ありき」で考えるのではなく、システムの運用基盤としてオンプレミスとクラウドのどちらが適しているか、社内のシステムの現状をつまびらかにしたうえで、綿密に比較しなければならない。事実、システムの構成や要件によっては、オンプレミスで運用した方が適している
ケースも少なくないからだ。

本稿では、オンプレミスからクラウドへの移行に際して、サーバーやネットワークなどのITインフラを提供するIaaSに主軸を据えながら、検討すべき7つのポイントについて考察していく。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]