ホワイトペーパー

いまのトレンドはセキュリティ強化に「クラウド」--その背景と選定のポイントを解説

日本オラクル株式会社(Cloud) 2018年02月16日

総務省が2017年7月に公表した「平成29年度版情報通信白書」の報告によれば、一部でもクラウドサービスを利用していると回答した企業の割合は46.9%と、前年度の44.6%から2.3ポイント上昇している。

パブリッククラウドの活用が進んでいる一方、導入を踏みとどまっている理由として、いまだ「セキュリティへの不安」を挙げる企業は少なくない。利用しない理由を聞いた設問では、「情報漏えいなどセキュリティに不安がある」との回答が35.4%に達している。

しかし、IT活用で先行するアメリカでは、「クラウドをセキュリティ強化のために活用する」という流れが一般的になりつつある。その背景には、高度化する脅威への対処を自社だけで行うことが、いまや困難となっていることがある。

しかし、「パブリッククラウドに移行すれば、セキュリティもすぐに強化できる」と考えるのは早計だ。当然ながら、最新型のセキュリティの脅威にも対応可能ベンダーを選択することがキモとなる。本資料では、そのポイントを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]