ホワイトペーパー

海外進出成功のポイントは「失敗事例」から学ぶことにあり

サイエスト株式会社 2018年01月29日

少子高齢化が進む日本において、この先の市場も縮小傾向が強まっていくことは避けられないだろう。翻って海外を見渡せば、新興国を中心に目覚ましい発展を続けており、中間所得層の爆発的な増加などにより購買マーケットがさらに拡大していくのは明白だ。

つまり日本企業にとって、この先もビジネスを伸ばしたいのであれば、海外に打って出ない手はないのである。

しかしながら、海外進出においても日本企業は大きく遅れをとっているのが現実だ。その大きな理由として、海外進出を“大企業の専売特許”のように捉える空気があったことは否めない。だが、決してそんなことはない。海外事業ノウハウや海外ネットワークをもったグローバル顧問を活用すれば規模や業種を問わずすべての企業の前に巨大な市場が開けてくるのである。本資料には、海外進出を成功させるために抑えておくべき、過去の失敗事例がふんだんに収録されているとともに、グローバル顧問の活用法ついても言及されている。海外進出成功の第一歩は、この資料に目を通すことから始まるのだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)