編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

ホワイトペーパー

宮崎大学がEDR導入で侵入した脅威を確実に可視化!貴重な研究データを漏えいから守る切り札に

サイバーリーズン・ジャパン 株式会社 2020-08-17

宮崎大学では全学生がPCを保有し、教職員と合わせて7000人が学習や業務のためにPCを使って学内ネットワークにアクセスしている。

セキュリティ対策として、ファイアウォールやIPSなどのネットワークセキュリティ製品を導入していたが、マルウェアの侵入を100%防ぎきれず、それを検知できる手段もないことが課題だった。

そこで導入したのが、CybereasonのEDR(Endpoint Detection and Response)だった。これにより、機密性の高い情報が保管されているエンドポイント上の脅威を検知できるようになった。また、学内ネットワークに侵入した脅威も確実に可視化する。

この資料では、宮崎大学がEDR導入で目指すセキュリティ対策を詳しく理解できる。ぜひ一読してもらいたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]