ホワイトペーパー

AIで何をする? 道しるべは情シスと現場の"共創"

富士通株式会社 2018年03月20日

「AI活用の可能性を探れ!」

経営層からそんなモヤっとした指示を受けて困り果てている情シス担当者がたくさんいる。

AIに対する知見やノウハウはそもそもない。AI活用に取り組もうにも「どの領域のどの業務にどうやって活用すればよいのか」がわからない。そもそも「本当に成果は出るのか」に対して疑問もある。そうして「AI導入の壁」で立ち往生してしまうのだ。

ただ、立ち尽くすだけでは前に進まない。実際に、AIで成果を出している企業もたくさんいるではないか。ではどうやって壁を乗り越え、活用の道を進んでいったのか。

その答えの1つが、情シスと現場との"共創"だ。本資料は、経営と現場部門の板挟みになって苦しむ情報システム部門が"共創"のワークショップを実践する方法を紹介するホワイトペーパーだ。

AI活用の第一歩を踏み出すべく、ぜひダウンロードして目を通してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]