ホワイトペーパー

事例:基幹業務用ストレージ基盤刷新によって得られるメリットとは?

ネットワールド(Dell EMC) 2018年03月22日

ビジネススピードに対する要求は厳しさを増すばかり。受注、製造、納品までのリードタイムを短縮することは、多くの企業にとって課題であろう。熊本市に本社を置くマルキン食品でも、そうした課題に対応すべく、受注・販売管理システムなどのインフラとなるストレージ基盤の刷新に着手した。

 製品選定にあたって考慮されたのは、2つのポイントだ。1つは、アクセスの集中するピーク時のレスポンスを上げる点。もう1つは、2016年4月に発生した熊本地震を経て体感した、BCP対策強化の重要性。

 この2つのポイントを解決すべく同社が採用したのが、ユニファイドストレージ「Dell EMC Unity」とバックアップストレージ「Dell EMC Data Domain」だ。本資料では、両製品を導入するまでの過程と具体的な効果を詳細に解説しており、これからのビジネスに求められるストレージ基盤がどのようなものか、大いに参考になる。詳細はぜひDLの上ご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)