編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

ホワイトペーパー

増え続けるデータ容量課題を性能・拡張性を備えたスケールアウトNASで解決

ネットワールド(Dell EMC) 2020-03-17

昨今、急速に進むテクノロジーの発展によりデータ容量はますます増大し、各分野でデータ増加への対応は大きな課題となっている。システムを安定稼働させるためには、ストレージの容量だけでなく、性能面も考慮する必要がある。その両方を解決するために増設を行う必要があるが、増設の度にかかる運用管理面負担の課題など数多くのハードルが存在する。

3DCGアニメーションを専門に手掛けるサンジゲンでも同様の課題を抱えており、年々増加していく作品データによってストレージが圧迫されていた。同社では、Windowsベースのファイルサーバーでシステムを構成していたため、拡張時の対応に多大な時間を要しており、性能を上げるにしてもシングルコントローラーがボトルネックとなっていた。

そこで同社では、性能と容量をリニアにスケールアウトできる点を評価し、スケールアウトNAS(ネットワーク接続型ストレージ)「Dell EMC Isilon」を採用。コントローラーとストレージが一体化したノードを追加することで、大容量の3DCGデータを快適に使用できるようになり、約60%の容量削減にも成功した。

本資料では、「Dell EMC Isilon」導入までの経緯や具体的な導入効果をシステム開発担当者の声を交え紹介している。サンジゲンの事例をきっかけに、今一度、自社のストレージ基盤を見直していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]