ホワイトペーパー

DB用途にパブリッククラウドは万能薬ではない、IDCが指南するハイブリッド環境構築で重要な7項目

デル・テクノロジーズ株式会社 2020-05-13

企業のITインフラ運用には、3つの典型的なアプローチがある。完全なオンプレミス、完全なパブリッククラウド、あるいは両者を用いるハイブリッドだ。

「多くの企業が利用しているパブリッククラウドは、既存のすべてのIT問題を解決できる万能薬ではなく、将来のすべてのニーズに対処するものでもない」、IDCが650人のIT専門家に対して実施した調査レポートの一節だ。

最も先進的なIT部門のリーダーは、自社のITインフラ全体をパブリッククラウドに移行すると、ビジネスの加速的な変化に適応する能力が失われることを理解しているという。

以下のホワイトペーパーは、IDCが調査結果をもとにしたハイブリッド環境を構築するために重要な7つのポイントがまとめられている。企業固有のビジネスモデルに適したカスタマイズ方法を紹介している。また、特に、データベースについては、付録の「構造化データ管理および分析」のページも参考にしていただきたい。ITインフラ戦略の中核にハイブリッド環境を考えている企業担当者は、ぜひ参考としてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]