ホワイトペーパー

伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書

デル・テクノロジーズ株式会社 2020-05-13

多くの企業が戦略的なテーマとして「データ活用」に取り組んでいる。しかし、一人で社内のIT部門を管理する「ひとり情シス」にとっては、そのための時間をどう割いていくべきかが大きな課題となる。そこでおススメしたいのが「ミニ仮想環境の構築」だ。

「『ひとり情シス』虎の巻」の著者であるとして知られる黒田光洋氏は、データベースを使った試行錯誤を繰り返しながらミニ仮想環境を構築して、データ活用のノウハウを獲得してきたという。

「ミニ仮想環境は、ひとり情シスが企業のデータ活用をリードする存在になるための第一歩となるもの。そこで得たノウハウを会社にフィードバックすることで、現場や経営陣から信頼される情シスにステップアップできると考えています」(黒田氏)

実際に黒田氏はどのようにミニ仮想環境の構築に取り組んでいるのか。以下の資料では、同氏が取り組んだ仮想環境構築の流れを5つのステップで分かりやすく紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]