編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

【事例】先行企業に学ぶ、ユーザ側で必要となるクラウド上の可用性確保のためのアプローチ

サイオステクノロジー株式会社 2020-07-27

クラウドシフトが叫ばれている昨今、既存のオンプレミスのシステムの移行先として、パブリッククラウドが選択されるケースが一般化している。その移行対象もデータベースだけではなく、昨今では基幹系のソフトウェアも急増している。

ここで注意したいのが、クラウドにシステムを移行したら、クラウドベンダーと責任を共有する必要があるという点だ。代表的なIaaSであるAmazon EC2の場合、SLAが99.99%に設定されているものの、SLAで保証されているのは基盤部分のみであり、OSやアプリケーションについてはユーザー自身で可用性を確保しなければならないのだ。

本資料では、サイオステクノロジーのHAクラスターソリューションを導入することで、十二分な可用性をAWS上で実現するとともに、コスト削減や運用負荷軽減など様々なメリットを享受することにも成功した国内企業4社の事例を解説している資料である。貴社の課題に沿った解決策もきっと見つかることだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]