ホワイトペーパー

VMware仮想環境上の可用性対策は十分ですか? アプリケーションやミドルウェアを含めた解決策を解説

サイオステクノロジー株式会社 2024-03-07

最近になり、システム障害に関する報道が増えている。多くの企業が採用しているのがVMwareの仮想サーバー環境であるVMware vSphere HAだが、ハードウェア、ハイパーバイザーであるESXi、ゲストOS、までしか監視や回復措置の機能が及ばない。システム障害の多くを占めるようになってきているアプリケーションやミドルウェア領域の監視と回復措置は、標準機能では検知できないことが課題となっている。この解決策として有力視されているのがサイオステクノロジーの「LifeKeeper」である。vSphere HAとLifeKeeperを組み合わせることで、アプリケーションやミドルウェア障害に加え、ネットワーク障害時にも保護できるようになる。
本資料では、VMware vSphere環境における課題、解決方法、構築・運用における工数削減、ニーズに沿った柔軟な構成、ユースケースに至るまで、VMwareの仮想環境における可用性への対策をトータルの視点で提供する内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]