ホワイトペーパー

ゲームチェンジの時代に結果を出す組織へ!富士通での取り組み

アトラシアン株式会社 2019年02月26日

ウォーターフォール開発を中心に大規模・基幹系のSIビジネスを展開してきた富士通。しかし近年は、目まぐるしく変化し続ける顧客のビジネスニーズに即応するために、従来のウォーターフォール開発だけでなく、SIビジネスにおけるアジャイル開発にも力を入れている。

そこでまず、DevOpsやCI/CDを効果的に実践するための環境整備の一環として、開発工程に必要となる各種ツールの社内標準化に取り組み、そのプロジェクト自体をアジャイル開発で進めた。本資料は、富士通がどのように環境を整備し、アジャイルを実践したのかを、プロジェクトチームの変遷を通して追跡した事例紹介レポートだ。

富士通のような大手SIerが、ゲームチェンジの時代に結果を出す組織を目指し、いかに取り組んでいるのか。DevOpsやアジャイルに向け組織やチームをどう作るのか、ヒントが詰まっている。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]