ホワイトペーパー

イラスト図解--納得性能の新モデル「FlashArray//Xシリーズ」の熱いこだわりを解説

ネットワールド(Pure Storage) 2019年03月05日

企業のストレージシステムの中でも、従来使われてきたHDD用のSASプロトコルは、すでにシステム全体のボトルネックになりつつあります。単にディスクを高速なSSDに差し替えただけでは大幅な高速化も見込めません。

一方で最新のフラッシュ技術を採用した最新のストレージシステムであれば、十分な速度が確保できます。
本資料で紹介するのは、ストレージOSの段階からNVMe対応で作られたPure Storageの「FlashArray//Xシリーズ」です。こちらの冊子はイラスト図解がベースで読みやすく、ストレージにこだわる担当者は必見の製品解説となっています。

例えば資料より、特に差別化のポイントとなる部分を引用すると…。

■Pure Storage独自開発のストレージOS「Purity」で駆動
 ⇒ Purityは「NANDレベル」でデータの管理を実現。FlashArrayの高いデータ削減率や可用性を実現。

■RAID-3Dで徹底的にデータ保護
 ⇒ オールフラッシュのために独自開発されたRAID構成で、データを三重保護・無駄な書き込みを抑制。

■業界屈指のデータ削減率
 ⇒ 業界屈指の細かい重複排除と圧縮。データ処理が「512バイト単位」は他社比16倍の細かさ(資料より)

他にも本資料では、安定的なパフォーマンスの理由、クラウドベースの管理、旧モデルとの違いなども解説。ぜひ一読ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]