編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

ホワイトペーパー

メインフレームとクラウドネイティブが融合! ハイブリッドクラウド時代をリードするLinux基盤の実力

日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM Z / LinuxONE) 2019-06-19

堅牢性や安定稼働を重視する基幹系システムにおいて長きにわたって利用されてきたメインフレーム。近年では、メインフレーム上でLinux基盤を稼働させ、さまざまなオープンソースツールを活用できるモデルも登場し、主に信頼性、可用性、保守性(RAS)への要求が高い企業の間で利用されてきた。しかし、ここにきてそのトレンドが変わりつつあるという。

背景にあるのは、ハイブリッドクラウド時代に入り、オンプレミス環境の基幹システムでいかに柔軟性とスピードを確保するかが問われるようになってきたことだ。
そんな中、注目を集めているのがメインフレーム技術とクラウドネイティブ技術を融合させたLinuxシステム基盤だ。最新のLinuxシステム基盤がどのようにメインフレームのRASを確保しながら、API連携やコンテナ、マイクロサービスといったクラウドネイティブの取り組みを支えるのか。

本資料はその疑問を担当者インタビューから解き明かしたホワイトペーパーだ。最新のLinuxシステム基盤の実力を知ることができる格好の資料となっている。ぜひダウンロードいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]