編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

ホワイトペーパー

HCI導入で失敗しないために必ず抑えるべき適切な「データ保護戦略」とその実現法を知る

ヴィーム・ソフトウェア株式会社 2020-12-08

ある調査によると、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)ソリューションの全世界での売上は2023年までに170億ドルを突破するとされるなど、世界的にHCIの人気が高まっている。CapExおよびOpExの削減や投資利益率の向上、アジリティの強化、迅速な導入、スケーラビリティの確保を実現し、ITサービスの信頼性、セキュリティ、アベイラビリティも高められるなど、その魅力は尽きない。

しかしながら意外と知られていないのが、こうしたHCIのメリットを最大限に享受するためには、HCIに適したデータ保護戦略が欠かせないという事実である。例えばレガシーバックアップ・ソリューションは、HCIに適した現在の仮想化されたクラウドベース環境ではなく、主に従来のオンプレミス・コンピューティング・アーキテクチャ向けに設計されたものであることを忘れてはならない。

本資料では、LenovoのHCI製品であるThinkAgile HXシリーズと、Veeamのデータ保護ソリューションAvailability Platformを組み合わせることで、いかにHCIを最大限に活用できるかについて、具体的な効果を踏まえて解説している。まずはご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]