編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

Veeamの最新バックアップの利点、レガシーとクラウドの共存、非構造化データ急増にも対応

ヴィーム・ソフトウェア株式会社 2021-08-05

バックアップの専門ソリューション大手として、Veeamが知られている。主力のVeeam Availability Suiteは、将来のニーズへの対応、自動化によるリソースと人材の解放、データの再利用という3つの面から、企業のビジネスをサポートする。現代の企業ではデータがデータセンターだけでなくクラウド環境などにも分散し、さらにハイブリッドやマルチクラウド環境の急速な採用により、バックアップに苦慮している。レガシーのバックアップ方法では、データが危険にさらされる点も見逃せない。ソーシャルメディアの台頭で、写真データなどの非構造化データが急増していることにも対応が必要だ。
この資料では、Facebookに毎日3億件の投稿があることなど、興味深い統計情報を交えながら、Veeamによってバックアップを最新化できることを紹介する。NASの復元、ランサムウェア対策など気になるトピックを網羅しながら、最新のバックアップ手法を学べる内容だ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]