編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

エンドポイントとSaaSアプリケーションに降りかかる脅威を排除!

ソニックウォール・ジャパン株式会社 2021-01-06

今回の新型コロナウイルスの影響でやむを得ずリモートワーク環境となっている企業が多いのではないでしょうか。そして、現状のリモートワーク環境のセキュリティを不安視されている企業もまた多いかと思います。
一般的にリモートワークはVPNを利用することでセキュアに実現できていると思われがちですが、リモートワークには様々なサイバー脅威が存在しており、VPNだけではその効果は限定的です。リモートワーク環境をよりセキュアにするためには、リモートワーカーが利用する「デバイス」の強化と、「SaaSアプリケーション」の保護が必要です。
SonicWallが提供するCapture Clientは、次世代アンチウイルス+EDRの機能を備えたエンドポイントソリューションで、従来のアンチウイルスでは検知できない高度な攻撃を排除することができます。たとえば、ランサムウェア感染から復旧させるロールバック機能、USBデバイスの制御、クラウドサンドボックスCapture ATPとの連携などユニークな機能を持ち合わせています。
SaaSアプリケーションの保護ではCloud App Securityが有効です。BOXのようなオンラインストレージサービスをご利用される企業では、オンラインストレージが汚染される可能性があります。例えば、他の利用者がマルウェアに感染すると、攻撃者によってオンラインストレージ上にマルウェアをアップロードされてしまい感染が拡大するような事例が増えています。Cloud App SecurityはSaaSアプリケーション上のあらゆるファイルを検査することができるようになります。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]