編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ホワイトペーパー

「予兆検知」を活用したサーバ管理で、情シスの人手不足を解決!

シネックスジャパン株式会社(HPE) 2019-12-02

IT部門の人材不足は多くの企業で深刻な課題となっている。経済産業省によれば、2020年末までに日本のIT人材は質的に30万人以上の不足に陥いるとされており、この課題は今後も引き続き企業に大きな負担になると予測される。
数的にも質的にもパワーが不足しているIT部門では、システムを常に監視し、問題が発生する前に十全な対処を行うことができない。そのため、多くの場合、具体的な問題がシステムに発生してから、原因をつきとめ対処法を外部企業などと協議するといった流れとなる。これでは、いつも問題解決が遅れ、顧客サービスにも支障が出る恐れがある。
本資料は、深刻な人手不足のなか、こうしたパワー不足を補う方法として「予兆検知」機能を活用したサーバ管理を解説している。HPE ProLiantサーバが搭載し無償で利用できる予兆検知機能「InfoSight」を活用することで、後手に回りがちな障害対応を一気にプロアクティブなものに変え、管理工数の大幅な削減が可能となる。具体的な活用事例も掲載しており、導入イメージも描きやすい構成となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]