編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ホワイトペーパー

自律型データベースでデータ処理のボトルネックを解消したファンコミュニケーションズ

日本オラクル株式会社(Oracle Cloud) 2019-11-29

日本最大級のアフィリエイトサービス「A8.net」を運営するアドネットワーク企業のファンコミュニケーションズ。同社のサービスを支えるシステムは約300台のサーバーが無停止で連続稼働するマルチクラウド型システムへと進化を遂げている。だが、クラウド環境に移行したことで、データ処理時間の遅延が発生。その原因はデータベース・インスタンス・サービス内の最大帯域幅にあったという。本資料は、ファンコミュニケーションズがこの状況を打開するために取り組んだ対策と、そのためのソリューションとして採用された「Oracle Autonomous Database Cloud」の効果をまとめた事例記事だ。システム停止のないスケーリングや、BYOLによる利用料の約5分の1への抑制など、Oracle Cloudを活用する際のポイントが整理されている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]