編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

【事例】なぜウィルグループは基幹システムにクラウドを選び、10倍の性能を手にできたのか

日本オラクル株式会社(Oracle Cloud) 2019-11-29

クラウドシフトの流れは、国内ではこれまで“聖域”とされ続けてきたミッションクリティカルな基幹システムの領域にも及びつつある。人材派遣業界において、創業から順調な成長を続けるウィルグループも、「コア中のコア」ともいうべきビジネス基盤である人材派遣管理システムをクラウドへと移行している。

もしトラブルが発生すれば、同社の業務もストップしかねないほどの重要インフラである同システムの移行先としてウィルグループが選んだのは、データ爆発時代を見据えて生まれた自律型データベースクラウドサービスである「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」であった。同サービスについて同社が特に高く評価したのが、その優れたパフォーマンスと、既にオンプレミスで活用していたOracle Database 12Cとの親和性の高さであった。

本資料では、ウィルグループにおける人材派遣管理システムのクラウド移行の経緯を、同社のITリーダーのコメントを交えて紹介している。Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud導入効果などにより、2023年度には戦略的IT投資の比率を50%にも高めようとしている同社のIT戦略から学べる事柄は多いはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]