編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ホワイトペーパー

業務部門が理解すべき、 ビジネス価値を高める「第2世代クラウド」の要件

日本オラクル株式会社(Oracle Cloud) 2020-02-13

クラウドが一般的になったことで、ビジネス部門のユーザーが社内IT部門に抱く期待はますます高くなっています。「サービスをスピーディーに提供してほしい」「自分たちのニーズに合わせて機能を柔軟に提供できるようにしてほしい」などです。こうした期待はビジネス部門にとって当たり前でも、IT部門が実現する場合は大きな障害となります。どうすれば一般的なクラウドのようなサービスをIT部門が提供できるようになるのでしょうか。本資料は、そうしたビジネス部門のニーズにIT部門がどう応えるべきかを整理したホワイトペーパーです。リサーチ&コンサルティング会社のオーバム(Ovum)が、「Cloud 2.0」「API管理」「自動化」「データインサイト」などのキーワードを使いながら、ビジネス価値の提供に向けたクラウドのあり方を論じています。CIO向けの技術資料ですが、ビジネス部門が理解しておくべきポイントがまとめられており、多くの担当者の参考になるはずです。ぜひご一読ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]