編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ホワイトペーパー

マルチクラウドユーザーが陥りやすい、新たな「サイロ化」の罠

株式会社ネットワールド(VMware) 2019-12-09

2018年11月にラスベガスで開催されたAWSの年次イベント「re:Invent」でエグゼクティブを対象に調査を実施したところ、「2つ以上のクラウドを活用するマルチクラウドユーザー」は約40%、「AWSやAzure、GCPの3つを利用する」のは18%、「マルチクラウドを検討する」ユーザーは58%という結果が出た。

いまやスタンダードとなりつつあるマルチクラウドだが、新たな問題が散見されるようになっている。それは「各サービスのサイロ化」だ。個別のサービスごとにはコストや使用状況の可視化はできているものの、利用している複数のパブリッククラウドを1つのサービスとしてとらえ全体最適化を図ることは難しい。

本資料は、マルチクラウドユーザーが陥りやすい「サイロ化」の罠について具体的な事例を交えて解説しながら、現在7000社が利用しているSaaS形式のクラウド運用プラットフォーム「CloudHealth」を紹介している。このサービスを使えば、複数のパブリッククラウドを横断して、使用状況やコスト、性能、アセット、可用性、セキュリティを管理できる。

マルチクラウドを検討している担当者は、ぜひとも参考にしていただきたい資料となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]