編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ホワイトペーパー

クラウドサービス利用による課題解決--インターネットブレイクアウトを既存環境の変更無しで実現する方法

BlueCat Japan株式会社 2020-01-20

複数のクラウドサービスを利用するのが当たり前のこととなってきた。国内に限らず、グローバルに拠点をもつ大手企業では、Office 365、Boxなど社員の利用頻度が高いツールによるトラフィックの負荷が高くなり、他の業務システムにも影響が出るケースもある。

これは、さまざまなサービスのトラフィックを一度本社のデータセンターに専用回線などを通して集約してから処理をしているからだ。したがって、トラフィックの負荷を軽減し、サービスをより使いやすいものにするには、インターネット回線を通して、直接サービス側のサーバと各ブランチがやり取りするようにすればいい。

インターネットブレイクアウトは、特定のクラウドサービスだけを拠点から直接インターネットに通すことでネットワークのトラフィック負荷を低減する。これを実現する主な方法はSD-WANを利用することだが、最近では、DNSの機能を使って既存のネットワーク環境を変更せず、より効率的にインターネットブレイクアウトを実現する手法が注目されている。

本資料は、このDNSを活用したインターネットブレイクアウトの方法を具体的に紹介し、セキュリティの確保も同時に実現する最新の手法についても詳細に解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]