編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

DXを実現するデータ分析“初めの一歩”、断片化するデータを管理するベストプラクティスとは?

日本ヒューレット・パッカード(Cohesity) 2020-04-14

現在、企業が扱うデータは膨大な量となっている。そのデータを分析してビジネスをより優位、かつ円滑に進めることに多くの企業が取り組んでいる。しかし、必要なデータがレガシーシステムなどを中心に企業内のいたる所に断片的に保存されていることも多い。また、クラウド普及によりIT環境が複雑となったことがその傾向に拍車をかけている。

そのため、デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む企業では、複雑で非効率的なデータ管理から脱却する必要がある。また、データ資産の活用が重要視されたことで、そのバックアップ/リカバリなどの適切な保護対策も求められている。

以下の資料では、こうした企業のデータ保管に関する悩みを解決できる最良の選択肢を提案。多種多様で大量のデータの断片化を排除し、バックアップやリカバリ環境を簡素化できるデータ管理プラットフォームに着目して、ぜひ自社の参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]