ホワイトペーパー

調査レポートの数字が示す、クラウドネイティブ基盤の驚くべき導入効果とは!

レッドハット株式会社 2023-02-06

多くの企業が顧客ニーズへの素早い対応を重要視しつつある中、サービス/アプリ開発部門では、ビジネスプロセスを柔軟にかつ迅速に支援する開発基盤・体制の構築が求められてきた。これまでレガシーアーキテクチャに起因して発生した運用コストやインフラコストの増大が、システム開発・運用の迅速化を妨げてきた。
その解決策として、多くの企業で導入が進んでいるのが「コンテナ技術をベースとするクラウドネイティブな開発基盤」だ。その導入効果は具体的にどれくらいなのか。
以下の資料では、市場調査会社であるForrester Consultingが実施したクラウドネイティブ開発基盤に関する調査レポートだ。
代表的なサービスである「Red Hat OpenShift cloud services」導入前後で、開発サイクルが最大70%短縮化したり、業務効率が50%向上したなどの効果が得られているという。また、運用コストやスキル習得に関するコストも分析している。開発部門の変革を実現したい組織はぜひ参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]