編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

コストは適正?稼働状況は?利用中のOracleデータベースをアセスメント-プロが語る全体最適化への道

デル・テクノロジーズ株式会社 2021-07-28

エンタープライズ領域におけるデータベース基盤で、圧倒的なシェアを誇るOracleデータベース。その高いパフォーマンスと堅牢性により、国内外問わず多くの企業で利用がされており、エンタープライズITに関わる人間にとって非常に慣れ親しんだソフトウェアであり、そして多くの企業のITシステムのOracleデータベースに依存している。
しかし、一方で課題がないわけではない。まず挙がるのが、その高性能、高機能、高信頼ゆえのコスト増の課題だ。いまでは他のデータベース製品やオープンソースのd-他ベースも成熟してきており、用途によっては、そうしたデータベースに変更をすることで、コストの全体最適を図ることが可能となる。本記事では、そうしたデータベースシステムの最適化をどのように進めていけば良いのか。特に稼働状況や利用用途の整合性など正しく把握するためのアセスメントの重要性を、2人のスペシャリストにインタビューした内容をまとめている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]