編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ホワイトペーパー

【事例動画】日本国内で最も多い侵入手口が明らかに!標的型ランサムウェア攻撃の実態と対策法を徹底解説

セキュアワークス株式会社 2020-06-01

標的型ランサムウェアによるインシデントは国内で膨大な被害を出している脅威のひとつ。従来のランサムウェア感染被害に比べて対応が困難になっている理由として、攻撃者が標的型攻撃の手法を用いて、侵入から横展開、ランサムウェアの感染及び拡散を実施していることが挙げられる。そのため、多くの企業では最新の標的型ランサムウェアインシデントに対する準備が不十分であり、実際に被害にあった際に適切な対処をすることができず、実際に攻撃者に身代金を支払うことに加え、業務及び生産が一時的に停止する事態に追い込まれた国内企業も存在している。

また最近では流行に便乗した「コロナウイルスランサムウェア」も被害をもたらしている。このように脅威を増している標的型ランサムウェアに対し、企業はどのような対策を行えばいいのだろうか─。

本動画では、国内における標的型ランサムウェアの事例を調査・分析結果を集約し、被害に遭うまでの経緯と攻撃手法の詳細を解説するとともに、企業にとって最も効率的かつ効果的な対応策を紹介している。自社の安心・安全を手に入れるためにも、ぜひ動画をご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]