ホワイトペーパー

高まるサプライチェーンリスク対策を劇的に変える新手法「レーティングサービス」の実力とは?

株式会社マクニカ 2024-01-25

デジタル化が進む中、企業規模問わずランサムウェアをはじめとしたセキュリティ・インシデントが発生し、企業経営において深刻な問題となっている。特に、情報処理推進機構(IPA)が毎年公開する「情報セキュリティ10大脅威」では「サプライチェーン攻撃」が常に上位に位置しており、そのリスク対策が多くの企業で求められている。

サプライチェーン攻撃では、どれだけ自社のセキュリティ対策を強化しても、グループ会社や取引先の保有システムに脆弱性が存在していては防ぎきれない。調達先含めたサプライチェーン全体のセキュリティレベルを向上させるには、取引先との連絡プロセスの確立や情報セキュリティ対応の確認、監査など被害の予防に向けた取り組みが重要となる。

ただ、サプライチェーン全体のセキュリティ監査には、多くの手間と時間が必要になる。そこで新たな方策として注目されているのが「レーティングサービス」だ。以下の資料では、レーティングサービスの仕組みや3つの活用ユースケースなどを踏まえ、既存アプローチとの違いやその有用性を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]