編集部からのお知らせ
新着記事まとめ「6G始動?」
新着PDF:「2021年注目テクノロジー」

ホワイトペーパー

機械学習をIT運用管理に活用-システムダウンの影響を最小限に抑える最新ITインフラ運用

ユニアデックス株式会社/日本ヒューレット・パッカード株式会社 2020-12-23

ビジネスにおけるIT活用の役割が増えるにつれて、ユーザーのITシステムへの要求はさらに高まっている。多くのビジネスユーザーは瞬時かつ常時、中断なくデータにアクセスしたいと考えている。しかし、現実にはアプリケーションのダウンタイムが発生する事態に陥ることもある。

近年、アプリケーションのパフォーマンスや可用性の低下は、生産性の低下を招くだけでなく、最終的にはビジネスの効果的な運営能力を損なうボトルネックにもなり得る。こうした悪循環を断ち切るためにはどうすればいいのだろうか。

以下の資料では、ユーザーの業務に支障が出る前にパフォーマンスの低下を早期に検知し、また、検知した問題から受ける影響を最小限に抑える、または回避するための方法として、機械学習を活用するアプローチを紹介。パフォーマンスと可用性を継続的に維持・改善するための有効な手法を提示する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]