編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ホワイトペーパー

サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

レコーデッド・フューチャー・ジャパン株式会社 2020-05-28

2019年にサイバー犯罪者はどの脆弱性を最も悪用したのか。レコーデッド・フューチャーが複数年にわたるCVE(共通脆弱性識別子)を対象に調査したところ、最も悪用された脆弱性はMicrosoft製品であることがわかった。本資料はそうした調査結果をまとめたレポートだ。

資料によると、Microsoft社製品を標的とするエクスプロイトはAdobe社製品よりも多かった。また、フィッシング攻撃、エクスプロイトキット、リモートアクセス型トロイの木馬(RAT)を通じて悪用された10の脆弱性のうち8つがMicrosoft社製品に影響を及ぼしていた。

Microsoft製品が最上位にランキングされるのは3年連続になる。資料ではこうした脅威の最新動向や推奨されるアクションが解説されている。脆弱性を中心としたセキュリティ対策に役立つ資料だ。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]