編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

レコーデッド・フューチャー・ジャパン株式会社 2021-02-01

現在、サイバー脅威の中でも特に警戒すべきなのが、悪意のあるインフラストラクチャの拡大だ。悪意のあるインフラストラクチャは、多数のポストエクスプロイトツールキットや、カスタムマルウェアフレームワーク、リモートアクセスのトロイの木馬のために使用されているのである。そこでRecorded Futureでは、悪意のあるインフラストラクチャの実態を把握すべく、2020年柱に80を超えるファミリーを対象に、10,000を超えるユニークなコマンドアンドコントロールサーバーのデータを収集した。その結果、検出されたサーバーのうち55%超は、オープンソースではまったく言及されず、Recorded Future独自のコマンドアンドコントロールサーバーのリストでのみ特定されるなど、数々の深刻な現実が明らかとなった。

本資料では、Recorded Futureが実施した、悪意のある新しいインフラストラクチャに関する調査結果について、具体的な数値を交えて解説している。新たなセキュリティ対策の必要性が、見えてくるに違いない。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]