編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ホワイトペーパー

テレワークにおけるセキュアなアクセスを維持するためのベストプラクティス

タレスDIS CPLジャパン株式会社 2020-07-10

新型コロナウイルス感染予防対策の一環として、多くの企業が在宅勤務(テレワーク)を実践している。場所や時間にとらわれない柔軟な働き方が確立された一方で、社外から企業システムへのアクセスの増加による情報漏えいなどの事故が発生するリスクも高まっている。

企業システムへのアクセスには、WAM(Webアクセス管理)やVPN(仮想プライベートネットワーク)、SSO(シングルサインオン)などのオンプレミス型のIAM(アイデンティティ/アクセス管理)ソリューションが利用されてきた。しかし、クラウドサービスを活用する社外からのアクセスが増えたことで、従来のやり方では限界が見えつつある。

以下の資料では、従来型よりもセキュアで、かつTCO(総所有コスト)を抑えることが可能なクラウド型IAMソリューションを紹介。ユーザー向け環境の拡張などを求める企業に対して有益なガイドラインとベストプラクティスを示す。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]