編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

クラウド導入の加速でアクセス管理が複雑化!脅威を認識する企業が増加する中で解決策を示す調査結果

タレスDIS CPLジャパン株式会社 2020-12-23

サイバー攻撃が急増する中、ITセキュリティとデータ保護の重要性が増している。注意深さを欠くとクラウドデータを保護できず、在宅ワークの安全性を確保するクラウド導入やDXに失敗する可能性が出てくる。クラウド利用には既存のセキュリティでは不十分と認識し、ゼロトラストモデルを採用し、ログイン時にアクセス制御を実施してデータを暗号化する必要がある。

セキュリティ企業のタレスは企業内のアクセス管理方法について詳細な調査を実施した。特にクラウドサービスの導入と利用に関連する、二要素認証、スマートシングルサインオン(SSO)、アクセス管理ツールの重要性について聞いている。日本の42%の企業が、クラウドアプリケーションの使用が増えることでサイバー攻撃の標的になることを懸念していると回答するなど、危機意識の高まりが着実に数字に表れている。この資料で調査の全体像を確認していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]