ホワイトペーパー

企業のセキュリティ確保に必要なSIEMや業務の自動化、人材不足の解決も!安全性と効率を担保する切り札

ラピッドセブン・ジャパン株式会社 2020-07-13

クラウド移行やテレワークで明らかになってきたVPNや多要素認証の弱点など、企業のセキュリティ課題は山積みだ。セキュリティの専門企業の力を頼りたい。その1つである米Rapid7は、脅威の可視化、分析、自動化という一連の解決の流れをスムーズに作れる。脆弱性リスクを管理する「insightVM」は、ネットワーク内の脆弱性を検出し、改善の優先順位を付ける。アプリケーションテストの「insightAppSec」は脆弱性を動的、継続的に低減する。ペネトレーションテストの「metasploit」は従来一部のセキュリティ専門家向けであった侵入テストツールを企業でも利用できるようにした。クラウド型SIEM/UBA「insightIDR」は、従来のSIEMでは対応が難しかった脅威を検出し、インシデントに対応できる。オートメーション&オーケストレーションの「insightConnect」は、パッチの配布やセキュリティアラートなど別々に実施している日常業務を統合し、自動化する。エンジニア不足も解決できる。クラウド型IT運用監視、分析の「insightOps」は、ITオペレーション、資産管理のためのサーバー機器と運用への投資を最小化する。
この資料では、Rapid7が提供する統合的なセキュリティ機能のメリットがすぐに理解できる。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]