編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ホワイトペーパー

従来型MSSPはもはや限界? 高度化する脅威への対策に欠かせない最新機能を活用する方法

ラピッドセブン・ジャパン株式会社 2020-07-14

企業内の情報セキュリティ対策の運用や保守などを一括して行うアウトソーシングサービスを提供する「MSSP」(マネージド・セキュリティ・サービス・プロバイダー)。その利便性やコストの削減効果などの効果が期待される。

特に昨今では、より高度なセキュリティスキルが必要とされており、セキュリティ人材不足が多くの企業を悩ませている。その解決策として、MSSPを選択する企業が増えている。

しかし、MSSPを利用する際には注意すべき課題も多く含まれ、自社に最適なセキュリティ運用体制の確立が難しいこともある。その理由とは? 以下の資料では、セキュリティ対策で重要な位置を占めるインシデント調査を例に、従来のMSSPの課題を明らかにし、それらを克服する「検知」と「対応」の機能を備えたソリューションを提示

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]