編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

「2025年の崖」を乗り越えるための「クラウドネイティブ」に基づいたDX推進方法とは

NCDC株式会社 2020-07-09

国が警鐘を鳴らす「2025年の崖」を乗り越えるために、いま企業がなすべきことは、システム刷新のための計画や体制を整えつつ、可能な企業はいち早く先行実施に入ることだ。ここで意識すべきキーワードが「クラウドネイティブ」である。クラウド活用のメリットをより多く享受し、デジタル競争の勝者となるためには「クラウドネイティブ」の発想が必須となってくるからだ。本資料では、単なるクラウドへの移行ではなく、その先のクラウドネイティブなITアーキテクチャの実現を見据えて、企業がこれから取るべき施策を、ステップを追って解説している。企業全体のDXを推進していくための道がきっと拓けることだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]