編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

ホワイトペーパー

基幹システムを失敗せずに刷新するコツとは?IT部門にとっての勘所とクラウドERP導入の可能性

SCSK株式会社(ProActive) 2020-10-08

基幹システムの刷新は投資コストの大きさからも、失敗が許されない取り組みだ。だが実際には、失敗してしまう企業も多い。新システム稼働後に問い合わせメールや電話が集中するなどIT部門は苦労することが多く、その上で「前の環境の方がよかった」と言われて気持ちが沈んでしまうこともあるのではないだろうか。

基幹システム刷新の前に、実施しておくべきことがいくつかある。例えば、マスターデータの整備や、システム導入に当たっての指揮命令系統の整備などである。現在の基幹システム導入では、クラウド型ERPの導入を選択するケースも増えており、ここにもコツが存在する。ベンダーにフィットアンドギャップを依頼することなどがその1つだ。

この資料では、基幹システムを刷新する際にIT部門が注意すべき点を詳細に解説している。ぜひ一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]