編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ホワイトペーパー

マルチクラウド、自動化、セキュリティ…次世代ロードバランサの本質的な機能とは

株式会社ネットワールド/ヴイエムウェア株式会社 2021-01-25

通信負荷を機械的にバランスさせる装置からはじまり、さまざまな機能を追加しながら進化してきたロードバランサー。近年では、L7情報をもとに負荷の少ないサーバーに振り分けるL7スイッチや、安定したアプリケーションサービスに必要な機能を提供するADC(アプリケーションデリバリーコントローラ)を備えたものが一般的だ。

ただ、ロードバランサーは今日的な課題に対応できないケースも増えている。例えば、自動化やセキュリティ対応、クラウド・コンテナ対応などだ。本資料は、そうした課題を解消しながら、豊富な機能を提供し、導入・運用コストを大幅に引き下げることができるソリューションを紹介している。

マルチクラウド対応や、自動化、セキュリティ、可視化など、本質的な機能を詳しく知ることができる。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]