編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

全社仮想化基盤にHCIを採用し性能・運用効率を改善!ビジネスの変化に柔軟に対応できるDX基盤へ

デル・テクノロジーズ株式会社/ヴイエムウェア株式会社(vSAN) 2020-08-18

ドラッグストア業界では、現状のITシステムをビジネス上の大きな問題と考えている企業も多い。

その大きな理由としては、長大重厚な従来型のITシステムでは、迅速なディスク増設が難しいなどのビジネスの変化にスピーディーに対応することが難しく、市場や業界の変化スピードに追従できないということがある。多様化するお客様ニーズを、いち早くビジネス展開に取り入れることで著しい成長を遂げている、この世界において、それは死活問題だ。

九州エリアを中心にドラッグストアだけでなく調剤薬局、ヘアサロンなど多角的な展開をしているJR九州ドラッグイレブンでは、上記の課題に加え、在庫管理システムの夜間処理が翌日夕方まで終わらないなどパフォーマンス面の問題も抱えていた。そうした課題を解決とともに、急務であるDX推進の先駆けとして、新たに全社共通の仮想化基盤の構築を決断。そこではHCIである「Dell EMC VxRail」を採用した。

本資料では、同社の新IT基盤構築にいたる経緯や、HCIを採用した理由の解説のほか、実運用での具体的な刷新成果などを紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]