ホワイトペーパー

リモート運用に伴う管理コスト増加によるインフラ環境見直しに、低コスト化するHCIの導入検討企業が増加

株式会社ネットワールド/日本ヒューレット・パッカード合同会社 2023-01-17

テレワークの導入により、クライアントの管理工数が増加し、インフラ管理の簡素化ニーズが高まっている。障害が発生した場合、従来は現地で即時に対応できたが、テレワークでは難しい。IT部門もVPN経由のアクセスを余儀なくされるため、対応に時間がかかる。現実解として注目されているのがHCI(ハイパーコンバージドインフラ)である。以前より価格が低廉になったことに加え、運用負荷の軽減に貢献することから、中堅・中小企業や自治体で導入を検討するケースが増えている。
この資料では、必要不可欠な機能をビルドインして提供するHCIソリューション「HPE SimpliVity」に焦点を当てる。HPE SimpliVityではSDSである「Omnistack」をVMware vCenterに組み込んで提供されているため、SDS管理、性能監視、バックアップ、DRコントロールなどを一元管理できる。サイジング・見積、構築までのトータル支援ができるネットワールドに相談することの利点も挙げている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]