編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

クラウド新時代に向けたセキュリティの概念「SASE」4つの要素を知る

東京エレクトロンデバイス株式会社(ネットスコープ) 2020-09-07

米Gartnerは2019年、サイバーセキュリティ分野の新しい概念として「セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)」を提唱した。SASEとは、社内ネットワークにある境界の外からネットワークセキュリティスタック全体を管理する手法の1つだ。

本資料では、SASEを構成する4つの要素を取り上げ、どのように新時代のセキュリティを構成していくべきかを説いている。具体的には「次世代セキュアWebゲートウェイ(SWG)」「クラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)」「ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)」「Network as a Service」の4要素について、基本的な考え方と実装に必要なポイントを解説している。

SASEは、クラウドやモバイルが普及するなかでセキュリティ管理を行う重要な概念だ。本資料を自社の取り組みの参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]