ホワイトペーパー

三菱自動車がコロナ禍によるテレワーク化でVDIを拡大、2300ユーザーが同時利用する環境を実現

ヴイエムウェア株式会社(Anywhere Workspace) 2022-01-19

三菱自動車工業は、開発部門を中心に「VMware Horizon」による仮想デスクトップ基盤(VDI)を導入していた。2020年の新型コロナウイルス感染拡大時、このVDI 基盤を本社と開発拠点など主要拠点に広げ、従業員がテレワークできる仮想デスクトップ環境を短期間で構築した。短期間で2300ユーザーが同時利用するテレワーク環境を実現。
そこでは、公共交通機関による通勤を避けるテレワーク増加によるVPN リソースのひっ迫、同時利用ユーザーの増加によりVDIライセンス数を一時的に多く確保する必要などの課題があった。

この資料では、こうしたさまざまな課題に対して、三菱自動車がどのように向き合い、解決していったかを担当者の話を交えて詳しく解説する。今後は、各拠点で引き続きテレワークを推奨する中で、VDI 環境にも対策が必要という。その際には、技術的な課題も想定しており、その内容と解決の方向性も示している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]