編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

クラウドストライク株式会社 2020-10-30

建設会社大手の竹中工務店グループはセキュリティ対策に取り組んできたものの、2016年ごろから「水際のウイルス対策では防ぎ切れない」との認識を強めていた。偽装ウイルスを用いた診断サービスでテストしたが、当時の体制では見抜けたかったという。そこで侵入を前提にした検知への注力と侵入後の対応の体制を整えることを決めた。2018年からエンドポイントでの侵入を検知し、脅威に対応するEDR製品を探した結果、CrowdStrike Falconの導入に踏み切った。カーネルレベルでログを収集することは必須事項、また資産管理やデバイス制御なども含めワンパッケージですべてのセキュリティ機能を提供する拡張性の高さにも注目したとしている。この資料では、竹中工務店が経験したセキュリティ対策について、コストや利便性、在宅勤務での活用など総合的に紹介している。ぜひ一読していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]