編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

ホワイトペーパー

ファイル転送サービスの脆弱性を悪用する攻撃を検知して阻止、攻撃プロセスの詳細から防御法を学ぶ

クラウドストライク株式会社 2022-07-26

リモートワークやクラウドの活用が広がるなか、ファイル転送サービスやファイル共有サービスの利用も広がった。環境の変化はサイバー攻撃の格好のターゲットになる。ファイル転送サービスやファイル共有サービスに潜む脆弱性を突いて、情報を盗んだり、データを破壊したりする攻撃は頻繁に起こっている。こうした攻撃が危険なのは攻撃を受けたことが検知できず、いつのまにか被害を被っていることだ。企業の情報システム部門やセキュリティ担当者は、どのようにこうした巧妙で高度な攻撃に対抗していけばよいのか。本資料では、攻撃者がマネージドファイル転送(MFT)サーバに潜む脆弱性を悪用して、どのように企業に被害を与えるかを技術的に解説し、対策の講じ方を提示している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]