編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ホワイトペーパー

事例:京阪HDーERPクラウド化の成功が企業意識を変革!DXへの嚆矢となったSAPのAWS移行

株式会社BeeX 2020-11-04

オンプレミスでのシステム運用を続けることの問題は、インフラに関わる高い運用負荷と膨大な運用コストだけではない。属人化しがちな運用管理、専任の後継者の育成など人的リソースの面でも課題が多い。2025年の崖が叫ばれ、IT人材の不足が社会問題となっている今、これは無視できない。

こうした課題の現実解として注目されているクラウド化ではあるが、いまだに基幹系システムなど重要なシステムのクラウド化には二の足を踏む企業が多いのも現実だ。京阪電気鉄道をはじめ、約50のグループ会社を統轄する京阪ホールディングスもSAP ERPをオンプレミス環境で運用していた企業の一つだ。しかし同様の課題に直面し、運用負荷の軽減と業務効率の向上、BCP対策など目的にSAP ERPのAWSへの移行プロジェクトを決断した。

本資料では、京阪ホールディングスにおけるSAP ERPのAWS移行プロジェクトの詳細や具体的な効果だけでなく、今回の成功体験が引き金となり、さらなるクラウドシフトを目指す同社のチャレンジを紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]